有料noteプレゼントキャンペーン&TKの公式メールマガジン
ホリエモン 本

【書評レビュー】堀江貴文著『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』人の心を動かすスキルを手に入れる

Pocket
LINEで送る

 

※2020年2月6日に更新したよ

こんにちは、TKです。

これまでコンテンツ(ブログ・メルマガ)を作るために50冊以上の本を読んできました。

今はホリエモンの本を中心に
1日1冊を読んで書評をしてます。

 

また、ほかにもホリエモンの書評をかいたので
よかったら読んでください

堀江貴文著『ゼロ』書評レビュー【マジで感動した本】

堀江貴文著『捨て本』書評レビュー【マジで感動した本】

堀江貴文著『多動力』の書評レビュー【行動すれば解決する】

【書評レビュー】『あり金は全部使え』貯金という洗脳を解く本

堀江貴文著『疑う力』書評レビュー【テレビも新聞もウソばかり?】

書評レビュー】堀江貴文著『時間革命』にはホリエモンの全てが詰まってる。

【書評レビュー】堀江貴文著『夢をかなえる「打ち出の小槌」』信用という小槌を振り回せ

【書評レビュー】堀江貴文著『本音で生きる一秒も後悔しない強い生き方』自分の人生を取り戻せ!

【書評レビュー】堀江貴文著『ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな!』意志がなければ騙され続ける話

(ホリエモン本人からRTもらえました!魂込めて書いたので読んでもらえると嬉しいです)

 

「新しい視点」が見つかる書評もあります。

サラリーマンが消える時代がこようとしています。

体験談:数年ぶりに友人と飲んで分かったマインドの重要性

マジでおすすめ!「資本主義ハック」 の書評~自分の価値を換金できる時代がきた!

書評レビュー】「死ぬこと以外かすり傷」の要約・まとめ・感想!読んだら頭のねじがはずれた話

堀江貴文著『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』【著者】

1-1.【基本情報】

書名:『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』
著者:堀江貴文
出版月:2015年8月20日
出版社:ゴマブックス株式会社
定価:1,540(税込み)

 

堀江貴文のプロフィールは↓です。

1-2.【堀江貴文について】

堀江貴文(ほりえ たかふみ)
 
実業家

1972年福岡県八女市生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持ち、2014年には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタート。『ゼロ』(ダイヤモンド社)40万部超、『本音で生きる』(SBクリエイティブ)30万部超などのベストセラーがある。近著に『10年後の仕事図鑑』(落合陽一氏との共著、SBクリエイティブ)など。

Twitterアカウント:@takapon_jp

出典:東洋経済オンラインより

 

堀江貴文さん(愛称はホリエモン)は
東京大学にいながら
会社「オン・ザ・エッヂ」
(後のライブドア)を設立した起業家です。

ライブドア事件で2年と6ヵ月、
収容されながらも、

雑誌・メルマガのインタビューに対応するなど、活動をしていました。

 

・プロ野球球団の買収→拒否

・日本放送の買収→失敗

・ロケット事業をスタート

 

また、「TERIYAKI」という
グルメキュレーションサイトを作成し、

会員が本当に美味しいものを食べられたり、
お店側もドタキャンの心配がないシステムが人気を呼んでいます。

 

そんなホリエモンがよく言うセリフ

 

「行動しろ!」

「貯金なんてするな!やりたいことに全力でつぎ込め!」

「本を読んで思考を鍛えろ!」

 

 

『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』を書いた

ホリエモンは多くのビジネスを同時にこなしています。

そのため、この本で学べる処世術は欠かせません

※処世術:生きてゆく方法や巧みな世渡りの方法

 

ライブドア事件が起こるまでは
「数字と実力でのみ日本は変えられる」
と思っていた彼でしたが、

収容されて、
「数字と実力だけでは人は動かない」
ことに気が付き、

完全な合理主義の考えを変えたそうです。

 

そんな、人に好かれる処世術を学んでみませんか?

 

堀江貴文さんの画像

 

それでは、『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』について見ていきます。

堀江貴文著『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』【内容】

 

全7章ありまして

第0章 ある日の出来事 序章にかえて
第一章 クラブママが使う嫌われない技術
第二章 人を味方にする方法
第三章 プロの定義
第四章 客が本当に求めているものは何か?
第五章 客との距離感
第六章 ウソとの遭遇と「心の鎧」
第七章 すげ替えのマジック
終章 願望力について
あとがき

出典:指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

 

こんな感じです。

全101Pなので30分ほどで、
サクッと読めます!

 

一言でいうなら

処世術を身に付けることができる本

です。

堀江貴文著『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』【こんな人におすすめ】

・どうしたら有名になれるか?
・プロになるにはどうすればいいか?
・どうすれば自分の思い通りに人を動かせるか?

 

そんな悩みを解決する、
人間関係のスキルを身に付けることができる、
本を紹介したいと思います。

 

ホステスと聞いて、自分には関係ない思ってませんか?

 

でれが、関係おおありなんです。

ホステスとはいってしまえば対人関係のプロです。

 

僕たちが生活するうえで
絶対に避けては通れない道なので、

どんな人が読んでも勉強になる内容だし、
僕として若い人にこそ読んでほしい本ですね

 

なぜなら、
僕が学生時代にこの本にであっていれば、

失恋しないで済んだかもしれないからです笑

 

この本を読むと、恋愛、ビジネスだけでなく
成功するための秘訣も知ることができます。

 

 

 

もし、あなたが対人関係の悩みをかかえているなら、

この本でプロの視点を
手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

・対人関係で悩みがある人
・これからビジネスで成功したい人、

に、おすすめの本です。

 

 

ホステスさんがいるクラブ業界は
心が折れそうになるほど激しい競争社会です。

 

クライアントをリピートさせる高度な技術をもち、

そこから学ぶことはとても多いですね

 

この本はそんな、
「情熱」や「根性」だけでは語れない、
人の心を動かすスキルについて解説します。

堀江貴文著『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』【要約】

  1. 協力者を増やしたいなら共感を得る
  2. 別れの一言で復縁しやすい雰囲気を作る
  3. 情報を出し過ぎない
  4. 会社の制服は”心の鎧”
  5. 会社に依存しない
  6. ホームランより三割打率を目指せ!

堀江貴文著『指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』【結論】

1-1.【共感を得る】

 

まず、人間の本質として
筆者はこんなことを言っています。

・人はみんなわがまま
・結局すべて自分のため
・自己のメリットが無くなればやらない

 

しかし、こんな考えだけでは、
生きていくことはできません

仕事をするにも、
美味しいごはんを食べられるのも

すべてそれを支える人がいるからです。

 

ジョージアのCMにもありますが、
「世界は誰かの仕事でできている」

そのためには、人の協力が必要であり、

協力を得るには”共感”が大切です。

 

共感を得るには

・自分から発信し続ける。
・思い出してもらう

この2つが重要です。

 

たとえば、オリンピックで
企業がスポンサーとしてお金を出すのは、
思い出してもらうためです。

1-2.【共感を得る3ステップ】

  1. 発信する
  2. 繰り返す
  3. 記憶に残る

 

↑を行った結果、
必要な時に思い出してもらうことができます。

そして、新しいビジネスにつながるのです。

1-3.【お客との距離感】

 

誰もが経験はあると思いますが、
対人関係は一度ひびが入ればなかなか戻せません

「もう別れよう」
「そんなつもりじゃなかった」

一生の親友
大事なパートナー
と思っていたけど、

お互いのちょっとしたズレで
一瞬にして関係が音を立てて崩れたりします。

 

ただし、このとき重要なのが別れ際の一言です。

相手があとから戻ってきやすいように
一言添えるだけで、その後の展開が大きく変わる。

 

怒ってる側からすれば、
よりを戻す気がなくても

 

あとで冷静になった時に
「こいつは自分の味方、いつでも戻れる」

という感覚があれば、何かのきっかけで
戻りやすくなるそうです。

「いつでもお待ちしておりますので、
また、いつでも戻ってきてくださいね」

 

さりげなく、次への仕込みをしておく、
これがプロのやり方です。

 

正直、この考えを知った時はふるえましたね

 

「もし、学生時代にこの考えを知っていれば…」
「あの子に、この言葉を伝えてさえいれば…」

そんな思い出が走馬灯のように
浮かんできました。

 

と同時に、


「本当にアホだったな~」
と、恥ずかしくなりました。

だって、失恋したときに
真逆のことをしていたからです。

なんで振られたのか?
みたいな文章を7~10行ぐらいLINEで送ってたし、
そりゃあ、よりを戻すどころか
ドン引きですよね笑

相手からしたら、めんどくさい男だし、
既読スルーされて終了するのが、
当然の流れだと思います。

 

当時はめちゃくちゃショックで
あやうく山手線にとびこみかたし、
彼女の夢を4回連続でみたりしました。

楽しかったころの夢落ちで、
ショックを受けたり、

まさに寝ても覚めても地獄の日々でした。

 

そんな僕を救ってくれたのが、
「嫌われる勇気」という本の一節です。

「過去は関係ない、大事なのは今」

あの時は、
暗闇の心に光が差し込んだ
感覚を味わいました。

からだに電流が走る感覚というか、
心が温かくなり、

「あっ これが人生が変わるってことか」

と、一人で悟ってました笑

 

そこから、

「人によって価値観は違う。

だから、いろんなライフスタイルがあっていい」

それに気づくことができました。

そして、今では無料noteにまとめて、
たくさんの人に読んで頂いています。

 

もちろん、ぼくの考えなので、
賛否両論ありますが、

これからの時代、サラリーマンとして
満員電車にゆられて通うよりも、

個人で稼ぐ力をつけるべきだと思います。

 

そのためにも

まずは、自分の価値観を見直し、
それにあった目的や目標を決めて、
自分の人生を見える化するのです。

そうすることで、ブレなくなり、
一本芯の通った強い人間になることができます。

 

僕の大失恋から今までの軌跡を
まとめているので、良かったら読んでみてください

→「すべて”価値観”で決まる」

1-5.【情報の手札】

 

人間誰でも仲良くありたいものです。

ちなみに人と会ったときは
互いに共通点をみつけながら会話すると
上手くいきやすいそうです。

しかし、人との関係について
一歩引いて考えると


「自分にどんなメリットがあるか?」
という考えが根底にあります。

 

つまり、仲良くなりたいからと言って、
情報を出しすぎると、手札切れになり、
逆に離れてしまいます。

 

これは友人、恋人、ビジネスでも同じです。

よく、「どこまでが浮気か?」
「親と子供の教育関係」

みたいな話がありますが、

 

この決して超えてはいけない川を
「適切な距離感」といいます。

 

ちなみに僕の経験上、
「これはあなたのために・・・」
と言ってる人はヤバいです。

 

何かのきっかけで感情が爆発し、
「こんなに良くしてあげてるのにどうして?」
と怒って、関係が終了します。

 

この裏には、
「自分の思い通りにうごいてほしい」
という狙いが隠れています。

もし、そんな人が周りにいたら、
あまり関わらない方が良いと思います。

 

人はあくまでも人です。

どこまでいっても、
相手の気持ちを完全に
知ることなんてできないし、

最終的な決定は、
本人にのみあります。

 

馬を水飲み場まで連れていくことはできても、
飲むかどうかは本人の問題なので、

それ以上、踏み込むのは
「適切な距離」を犯すことになります。

1-6.【会社の制服は”心の鎧”】

 

最近はグローバル化も進み、
私服で仕事OKの企業が増えています。

 

しかし、いくら私服でも装飾ギラギラだったり、
肌の露出が多い服でくるのはちょっと違いますよね?

 

 

これがエスカレートすると、
服だけではなく行動や言動まで変わってきます。

 

 

そうなると当然、トラブルのもとになります。

 

 

これに対して、著者は、
会社の制服は”心の鎧”といいます。

 

心の鎧とは、プロとしての態度です。

 

 

たしかに、私服OKかもしれないけど、
そこには限度があります。

 

軍服や白衣を纏ったら、
その道のプロとして周りはみます。

 

つまり、服一つでも、
「プロフェッショナルならどうあるべきか?」
という心の姿勢があらわれると、筆者は言います。

 

これは僕も賛成ですね。

僕の場合、朝からカフェにこもって、
作業をすることが多いのですが、

ちょっとした、外出でも
必ずシャワーを浴びて髪をセットします。

 

なぜかというと、
普段の行いがビジネスに
影響すると知っているからです。

 

たとえば、僕は毎朝筋トレします。

しかし、体調がすぐれない時、
「今日は頭が痛いからやめとこう」
と思って、やらないと、

作業中に
「今日は疲れてるから、これぐらいでいいや」
という気持ちが出てきて、

手抜きになることがあるからです。

 

つまり、毎日の決まったルーティーンを守ることは、
結果を出すことであり、プロとして当たり前のマインドなのです。

1-7.【依存からの離脱】

 

1つの企業に依存する会社は評価が低く、
親会社に依存した子会社は、
上場できないというルールがあります。

 

これはシンプルに
「依存先がつぶれる=自分も倒産」だからです。

 

そして、これは恋愛やビジネスでも同じです。

 

年齢や経験にもよりますが最悪の場合、

・恋愛なら失恋→病む、自殺
・就職先が倒産→生活保護、ものごい

 

なんてこともありえます。

 

特にこれからは大企業にいても、
40代がリストラされるケースが増加中で、

 

東芝:7,000人人員削減

富士通:5,000人を配置転換

NEC:3,000人の人員削減

日本ハム:200人の早期退職者募集

千趣会:280人の早期退職者募集

大正製薬:948人の早期退職者募集

 

かなりえぐいことになってます。
サラリーマンが消える時代がこようとしています。

 

だからこそ、2018年には政府が副業を解禁し、

働き方改革を進めてきました。

 

これからも増えていくと思うし、
正直、会社1つに依存しているのは
かなりマズイと思います。

 

 

僕の場合は幸運にもSNSで情報収取していたおかげで
早めに気づくことができました。

カフェ付き本屋に、よく行くことが多く、
そこで
パソコン1つで稼いでる人がいることを知りました。

だから、2019年で会社をやめました。

 

今はそれなりに自由なので、
勇気をもって行動してほんとうに
良かったと思うし、

同じような人が増えることを願って、
この書評も書いています。

 

もし、いまの環境に依存しているなら
自分の状況を客観
的に見つめて、
自分の心の声に従うことが重要だと思います。

 

1-8.【ホームランより三割打率を目指せ!】

 

人間関係もそうなんですが、
小さい約束を守ると信頼貯金が貯まります。

 

すると、自分のお願いを
聴いてもらいやすくなったりします。

逆に毎回、約束を破るけど、
たまに期待以上の成果を出す人は
信頼されません

 

つまり、ホームランより
打率3割のほうが価値は高いのです。

 

ホームランは運があればだれでもできますが、
コツコツを毎日利益を得るには
努力×論理しかありません

 

そして、これは全てのことに共通する
成功法則だと思います。

 

たとえば、
以前の僕は為替トレードをしていました。

 

もともと、1つのことにハマりやすいタイプなので

仕事の日でも夜中までずっとチャートを眺めていたり、

チャート分析のブログを作って半年ほど毎日更新していました。

 

毎日、チャートとにらめっこしていたせいか、
数十万ほど儲かっていました。 

 

しかし、ある時から徐々に金額を上げていき
最終的には数十万円を溶かしてしまいました。

 

原資金を割り込んでしまったので、

そこで僕のトレード人生は終了したのです。

 

 

会社でも顔には出していませんでしたが、
正直、心にぐっさりきたし、

株で勝てるのは10%の意味がよ~く分かりました。

一度の特大ホームランで資金を失った経験は
打率3割でコツコツ勝つ大切さを身をもって
教えくれました。

1-9.【読者のレビュー感想】

 

 

指名される技術: 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術【書評まとめ】

 

いつになったらレベルの低い
「毎日の繰り返し」から
逃げられるのだろう?

 

どうやったら理想の自分になれるのか?
そもそもゴールはあるのか?

 

人生の転機が欲しい

 

この本はそんな人たちのために書かれた本です。

 

人間関係であれビジネスであれ
どんな悩みも自分の行動次第で変えられます。

 

この本を読めば、そのヒントが見つかるかもしれません。

 

 

最後に、

人はつい自己利益に流れがちです。

お歳暮を贈るのも
誕生日プレゼントをあげるのも

全て自分に利益があるからです。

 

お返しが欲しい以外にも、
一緒に喜びを分かち合いたいとか、
友達の喜ぶ姿が見たいからだと思います。

でも、僕はそれでいいと思います。

 

大事なのは互いに利益があることです。

 

 

もちろん、僕も例外じゃありません
僕が書評を書くのは”僕にメリット”があるからです。

 

読者は「自分をプラスに変える知識」をGETして、
ぼくは代わりにお金をもらう。

 

つまり、お互いにないものを補完し合っているのです。

 

とにかく読んで行動すれば、
対人関係の悩みが解決する本だと思いますので、
ぜひ、手に取ってみてください。

 

それではまた!

僕の逆転ストーリーを読めます。

 

 

僕は入社2年で会社をやめて
25歳で独立しました。

 

 

頭が良いわけでも
環境が良かったわけでもありません。

 

 

大学はFランだし

 

学生時代のバイト店長には

「君にはガッカリしたよ、資格取得も無理じゃないかな?」

と言われたことがあります。

 

 

仕事では電話の受け取りすら、
辞めさせられた経験があります。

(数千万の案件をとばしました…)

 

 

他にもたくさん失敗があります。

 

 

➨大学時代に会計士試験に3度の挫折

➨大学時代に失恋で死にかける 

➨就職するも新卒1年目にストレスで倒れる

 

そんな僕でも人生のゴールを決めて行動したら、少ずつ人生が変わっていきました。

 

そこからビジネスを学ぶ過程で、

・人生のゴールの決め方
・趣味やコンプレックスを価値に変える方法
・それらをコンテンツにして販売する方法

など

 

会社員では学べないことを
知ることができました。

 

 

その経験から
過去は変えられなくても

 

勉強して、正しく行動すれば
誰でも資産を手に入れて

自分が本当に生きたい人生を送れる
と確信しています。

 

 

そして、そんな人が増えれば

互いを批判したり、いがみ合ったりする

世の中はなくなると思っています。

 

 

そういった理念をもとに

ここからスタートすれば必ず上手くいく

ゴール(人生)の決め方を
1つの書籍にしました。

 

 

過去の僕がどう変わったのか?

 

なぜ人生逆転できたのか?

 

 

3分ほどでサックリ読めるので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

→有料note「すべては”価値観”で決まる」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、1分で受け取れます。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけると
すごく嬉しいです。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

ABOUT ME
TK
新卒2年で独立、現在25歳。 ➨大学時代に会計士試験に3度の挫折 ➨同時期にに失恋で死にかける   ➨就職するも新卒一年目にストレスで倒れる そんな原体験から自分の生き方を模索、 パソコン1台で稼げるコンテンツビジネスを知る。 その経緯を無料コンテンツにまとめたので、もし興味があれば読んでみてください →経緯&TKのメルマガを読む ゴールを決めて動けばたどり着ける 大切なのは「やるか、やらないか」 人生のあり方を本気で見つめ直した僕がみつけた 「好きな時に、好きな人と、好きなことを、好きなだけやる生活」
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です