【31日間無料】「鬼滅の刃」全話視聴キャンペーン
ホリエモン 本

【書評レビュー】『企業の成長戦略が10時間でわかる本』【堀江貴文一押し!】

Pocket
LINEで送る

企業の成長戦略が10時間でわかる本

※2020年2月10日に更新したよ

こんにちは、TKです。

これまでコンテンツ(ブログ・メルマガ)を作るために50冊以上の本を読んできました。

今はホリエモンの本を中心に
1日1冊を読んで書評をしてます。

 

また、ほかにもホリエモンの書評をかいたので
よかったら読んでください

堀江貴文著『ゼロ』書評レビュー【マジで感動した本】

堀江貴文著『捨て本』書評レビュー【マジで感動した本】

堀江貴文著『多動力』の書評レビュー【行動すれば解決する】

【書評レビュー】『あり金は全部使え』貯金という洗脳を解く本

堀江貴文著『疑う力』書評レビュー【テレビも新聞もウソばかり?】

書評レビュー】堀江貴文著『時間革命』にはホリエモンの全てが詰まってる。

【書評レビュー】堀江貴文著『夢をかなえる「打ち出の小槌」』信用という小槌を振り回せ

【書評レビュー】堀江貴文著『本音で生きる一秒も後悔しない強い生き方』自分の人生を取り戻せ!

【書評レビュー】堀江貴文著『ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな!』意志がなければ騙され続ける話

(ホリエモン本人からRTもらえました!魂込めて書いたので読んでもらえると嬉しいです)

 

「新しい視点」が見つかる書評もあります。

サラリーマンが消える時代がこようとしています。

体験談:数年ぶりに友人と飲んで分かったマインドの重要性

マジでおすすめ!「資本主義ハック」 の書評~自分の価値を換金できる時代がきた!

書評レビュー】「死ぬこと以外かすり傷」の要約・まとめ・感想!読んだら頭のねじがはずれた話

 

『企業の成長戦略が10時間でわかる本』【堀江貴文:推薦】

1-1.【基本情報】

書名:企業の成長戦略が10時間でわかる本
著者:木嶋豊
出版月:2017年1月
出版社:朝出版
定価:1,760(税込み)

 

堀江貴文のプロフィールは↓です。

1-2.【堀江貴文について】

堀江貴文(ほりえ たかふみ)
 
実業家

1972年福岡県八女市生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持ち、2014年には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタート。『ゼロ』(ダイヤモンド社)40万部超、『本音で生きる』(SBクリエイティブ)30万部超などのベストセラーがある。近著に『10年後の仕事図鑑』(落合陽一氏との共著、SBクリエイティブ)など。

Twitterアカウント:@takapon_jp

出典:東洋経済オンラインより

 

堀江貴文さん(愛称はホリエモン)は
東京大学にいながら
会社「オン・ザ・エッヂ」
(後のライブドア)を設立した起業家です。

 

少年時代は

  • 母に包丁を胸に突きつけられる
  • 父に木に縛り付けられる
  • 柔道をいやいや続ける
  • 新聞配達しながら20万の借金でパソコンを購入
  • 塾の教材システム移植の仕事を受けて10万の報酬(達成感と働く意味を知った)

 

大人になってからは

  • 東京大学在学中に会社「オン・ザ・エッヂ」を設立(後のライブドア)
  • 憧れる経営者ランキングにはカルロス・ゴーンを継いで2位
  • ライブドア事件で2年と6ヵ月も収容されながらメルマガ・インタビューをこなす

 

とんでもない行動力ですね…

その他にも

  • プロ野球球団の買収 → 拒否
  • ニッポン放送の買収 → 失敗
  • 総選挙への出馬 → 落選

 

など、たくさんの挫折を味わいながら
今は「ロケット開発」などを行っています。

 

また、「TERIYAKI」という
グルメキュレーションサイトを作成し、

会員が本当に美味しいものを食べられたり、
お店側もドタキャンの心配がないシステムが人気を呼んでいます。

 

そんなホリエモンがよく言うセリフ

 

「行動しろ!」

「貯金なんてするな!やりたいことに全力でつぎ込め!」

「本を読んで思考を鍛えろ!」

 

 

 

ホリエモンはこれまでに50冊以上の本を出版してきました。

中でも「企業の成長戦略が10時間でわかる本」は
「独立」について書かれた本です。

 

『企業の成長戦略が10時間でわかる本』【内容】

 

全10時間目までありまして

1時間目 起業のススメ
 【MBA Entrepreneurship】
・1 ベンチャー企業を起こそう
   起業しようとするビジネスは成長性があり、スケーラブルか
・2 起業は早すぎることはない
   学生でもビジネスマンでも、思い立ったら気軽に起業してみよう
・3 社畜からの解放、カーブアウト
   アフター5・週末起業で人生のラットレースから抜け出す
・4 ロボット、AIに奪われる職場の未来
   AIに仕事を奪われるより、AIを利用して起業しよう
・5 映画に見る「起業ストーリー」
   起業のダイナミズムを体感! ぜひ見ておきたい映画3選

●2時間目 ビジネスチャンス、スモールスタート
 【MBA Business Creation】
・1 アイデア出しとビジネスチャンス
・2 SWOT分析による起業
・3 スモールスタート
・4 損益分岐点を試算して利益予測を立てる
・5 業務委託、レンタルオフィス、税理士を活用する

●3時間目 ビジネスモデル・マーケティング戦略
 【M&A Business Models & Marketing】
・1 バリュープロポジション
・2 AIDMAの法則とSTP分析
・3 マーケティング・ミックス
・4 フリー戦略

●4時間目 これだけはマスターしたい経営戦略と成長戦略

●5時間目 これだけは知っておきたい会計知識と活用法

●6時間目 ベンチャー企業のお金の集め方

●7時間目 資金調達を可能にする事業計画と資本政策

●8時間目 組織行動と事業管理

●9時間目 内部統制の構築とIPOのスケジュール

●10時間目 IPO前後の資金調達とM&Aによるエグジット

出典:企業の成長戦略が10時間でわかる本

 

こんな感じです。

全208Pなので60分あれば
サクッと読めると思います。

 

一言でいうなら

起業から上場まで経営者は何すれば良いか?

について書かれた本です。

『企業の成長戦略が10時間でわかる本』【こんな人におすすめ】

 

「いつか独立したい!」
「経営者になりたい!」
「ベンチャー企業を立ち上げたい!」

そんな日本の未来を支える本、

『企業の成長戦略が10時間でわかる本』を紹介したいと思います。

 

もし、「起業したい」と思っているなら、
この本が役に立つでしょう。

 

会社の設立方法、ビジネスのアイデアだし、
ビジネスモデル、起業家に必要なマインド
などが、短時間でザックリと学ぶことができます。

『企業の成長戦略が10時間でわかる本』【要約】

  1. 今ある職業のうち50%は消える
  2. 起業するなら「コンテンツビジネス」
  3. 情報の差を価値に変える

『企業の略が10時成長戦間でわかる本』【結論】

1-1.ベンチャーとは?

ベンチャー企業は、海外では、
スタートアップと呼ばれ、

最大の特徴は「スケーラブル(拡大)」です。

資金調達→市場開拓→上場 

という、流れで幅広いマーケットに
急速に広がっていくので、

一夜にしてに億万長者になれる
可能性を秘めています。

 

1-2.フランチャイズとは?

一方、その対極にあるのが
ローカルな小ビジネスです。

たとえば

「フランチャイズ」や
「個人ラーメン屋」ですね

 

ある地域ので知名度はありますが、
マーケットが限定されるので、
大きなスケールは見込めません

 

もちろん、上場もできないので
その多くは借金を抱えてつぶれます。

 

よく、
「あなたも今日からオーナー!」
「独立して年収1000万!」

こんな、募集がありますが
アレは絶対NGなので気を付けてくださいね

フランチャイズといえば、
製品・会社の看板、ノウハウ、資金援助
などを受けられて良さそうに見えますが

その分、ロイヤリティとして売上7%や、
毎月、数万の固定費をとられるので、

結局、朝から晩まで働いても、
雀の涙ほどしか残らなかったりします。

「生かさず殺さずジワジワと本店に搾取されるシステム」

つまり、利益は吸い上げられ、
大きな成功はできない仕組みなのです。

 

1-3.終身雇用の崩壊

現在、終身雇用制度は完全に崩壊しました。

「サラリーマンが消える時代がこようとしています。」

1-4.週末起業で人生を再スタートする

この本では週末起業家になることをオススメしています。

週末起業家とは、
平日9:00~17:00まで本業をして、
それ以外の時間で副業をすることです。

もちろん、副業禁止のところもありますが、
パートナーや家族を代表取締役にして、
自分は経営戦略やビジネスモデルを
考えればいいだけです。

副業じゃなくても、
自分のスキルUPに時間を割くことが大切です。

今は大企業でもあたりまえにリストラされる時代です。

人生のラットレースから抜け出して、
経済的自立を達成するためには

いきなり会社をやめるのではなく、
週末起業で生活費がまかなえるようになってから
独立するべきとこの本は言います。

1-5.ロボットAIに奪われる仕事

 

アメリカの研究では、ロボットと人工知能によって、
今ある職業のうち50%は消えるといわれています。

たとえば

小売店販売員、会計士、一般事務、セールスマン、一般秘書、飲食カウンター、レジ打ち、配送作業員、帳簿係、運転手、コールセンター案内、管理職、上級公務員、調理師、ビル管理人、工場作業員、多くのホワイトカラー…etc.

出典:企業の成長戦略が10時間でわかる本

 

一方、クリエイティブな仕事の価値は大きくなっています。

音楽家、アニメクリエイター、作曲家、歌手

歌手が「歌」という商品をもつように、
オリジナルの商品を持つ人が
これから重宝される時代がきます。

そして、その商品は自分の経験から生まれます。

1-6.起業家を目指す人にぜひ見て欲しい映画

スティーブジョブズ(2013)

ソーシャルネットワーク(2010)

マネーボール

1-7.アイデアだしとビジネスチャンス

この本では新事業をはじめるにあたって
「あったら便利リスト」を作ることをおすすめしています。

現実的にできるか、よりも、
グループで思いついたアイデアを
どんどん書き出してみると良いそうです。

「地球温暖化をそうすれば止められるか?」
みたいな、ものじゃなくて

はじめは毎日のちょっとした
不満を解決するイメージでOK

 

たとえば、スマホの大流行にともなって
「スマホで動画をゆっくり見たい!」
というニーズから生まれた商品が↓コレ

 

起業アイデア
出典:「折りたためるスマートフォンスタンド」108円

 

月に5万個を売り上げる大ヒット商品らしいです。

日常のちょっとした不満をメモして、
それをもとに起業ネタを
考えるのが良さそうですね

ちなみに、
僕も同じようなことをしていて、

Twitterの情報収集用のアカウントでは、
勉強になったツイートはお気に入りいれておき、

改良してビジネスアカウントで
アウトプットしたりしてます。

 

また、人と会ったときにグッと来た言葉や学びを
メモ帳に書き残してブログのネタにしています。

ポイントとしては、
アウトプット(ブログに書く)を前提に、
インプット(メモする)すると
脳に残りやすいですね

1-8.情報のアービトラージ

アービトラージとは、
「安いものを買って、高いものを売って稼ぐ方法」
です。

たとえば、海外で50円で買えるバナナも、
日本にもってくれば100円で売れたりします。

 

南国のフィリピンで育てたバナナの方が
太陽をたっぷり浴びて大きく育つので、
日本で同じことを勝てないし、

それどころか、
ビニールテントなどを用意したら
120円になってしまうかもしれません

このように、環境にあった場所で
得意なビジネスをするのは超重要なことです。

 

そして、これは情報でも同じです。

もし、あなたが営業マンで
1~2年の経験があるならそれは価値になります。

たとえば、僕は営業経験がないので、
初対面の人にブログの良さを語る時に
少々ぎこちなかったりします。

その魅力を営業さんほどスムーズに
伝えることができないんですね

だから、話し方の本質がつまった
noteには興味があるし、
コンサルティングにも興味があります。

 

つまり、営業力を営業マンに売るよりも、
他の業種にズラしたほうが稼げるというわけです。

 

1-9.変動費が小さいビジネスが成功する

 

「変動費」とは、
売り上げに伴って増えるコストのことです。

ハンバーガーなら、
「パン、野菜、肉」のことですね

100個のハンバーガーを作るには、
100個分の変動費がかかるイメージです。

 

たとえばビルゲイツのマイクロソフトは
巨額の利益を出している超優良企業です。

なぜ、そんなことができるかというと、
「変動費」がほぼゼロだからです。

マイクロソフトが作るソフトウェアは、
データなので一度作ってしまえば、
あとはコピーするだけです。

極端な話、コピーだけで稼げるビジネスだし、
パソコンの心臓でもあるので、
最強のビジネスモデルです。

ほかにも、ネットビジネス、創薬ビジネス、
ゲームも同じですね

 

でも、いきなりソフトウェア作るとか、
薬やゲームなんてかなりハードが高いです。

 

だから、僕のおすすめはネットビジネスです。

ネットビジネスって、
だいたい、この4つです。

・転売(安く買って高く売る)

・アフィリエイト(モノを紹介する)

・広告収入(クリックしてもらう)

・コンテンツ(商品を作って販売する)

 

なかでも、マイクロソフトと同じように
一度作ってしまえば、使いまわせる
コンテンツビジネスが最強だと思っています。

僕がやっているのが正にこれで、
SNS×ブログ×メルマガという
組み合わせでシステム化しています。

 

ただ、ハッキリいって小手先だけで
すぐに稼げるものではありません

ビルゲイツがソフトウェアを開発したように、
「商品」をつくる必要があります。

僕の商品はメルマガでのみ
紹介しているので、
ココではいえませんが

かなり時間をかけて
作り込んでいます。

 

でも、だからこそ満足度が高いし、
人生に関わるような
大きなテーマを扱っているので、

その通りに行動できれば
確実に今の生活が変わります。

もちろん、人によって
差はありますが

実際、僕自身が変わったので
間違いないと思います。

もし、興味があれば
メルマガ登録してくだいね

商品を開発する理由や
過去のエピソードも流しているので
面白いと思います。

企業の成長戦略が10時間でわかる本』【読者レビュー】

企業の成長戦略が10時間でわかる本』【書評まとめ】

 

この本は、大学で経営学を教えながら、
ベンチャーキャピタルで
資金調達や事業計画を行った
経験をもとに書かれています。

図解や事例も多く、
1項目を2~3ぺージでさっくりと学べるので
初心者にピッタリの良本です。

起業~軌道にのせるまでのノウハウはもちろん、
社員のモチベーション管理など
内部の対策もしっかり書かれています。

 

「起業前にビジネスのイメージをつけたい!」
「短時間でサクッとベンチャー企業のことを知りたい!」

こんな方にはぜひ読んでほしい本です。

ぜひ手に取ってみてください。

 

それではまた!

ABOUT ME
TK
新卒2年で独立、現在25歳。 ➨大学時代に会計士試験に3度の挫折 ➨同時期にに失恋で死にかける   ➨就職するも新卒一年目にストレスで倒れる そんな原体験から自分の生き方を模索、 パソコン1台で稼げるコンテンツビジネスを知る。 その経緯を無料コンテンツにまとめたので、もし興味があれば読んでみてください →経緯&TKのメルマガを読む ゴールを決めて動けばたどり着ける 大切なのは「やるか、やらないか」 人生のあり方を本気で見つめ直した僕がみつけた 「好きな時に、好きな人と、好きなことを、好きなだけやる生活」
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です