ホリエモン 本

【書評レビュー】堀江貴文著『時間革命』【人生を取り戻せ!】

Pocket
LINEで送る

時間革命

※2020年2月4日に更新したよ

こんにちは、TKです。

これまでコンテンツ(ブログ・メルマガ)を作るために50冊以上の本を読んできました。

今はホリエモンの本を中心に
1日1冊を読んで書評をしてます。

 

また、ほかにもホリエモンの書評をかいたので
よかったら読んでください

堀江貴文著『ゼロ』書評レビュー【マジで感動した本】

堀江貴文著『捨て本』書評レビュー【マジで感動した本】

堀江貴文著『多動力』の書評レビュー【行動すれば解決する】

【書評レビュー】『あり金は全部使え』貯金という洗脳を解く本

堀江貴文著『疑う力』書評レビュー【テレビも新聞もウソばかり?】

書評レビュー】堀江貴文著『時間革命』にはホリエモンの全てが詰まってる。

【書評レビュー】堀江貴文著『夢をかなえる「打ち出の小槌」』信用という小槌を振り回せ

【書評レビュー】堀江貴文著『本音で生きる一秒も後悔しない強い生き方』自分の人生を取り戻せ!

【書評レビュー】堀江貴文著『ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな!』意志がなければ騙され続ける話

(ホリエモン本人からRTもらえました!魂込めて書いたので読んでもらえると嬉しいです)

 

「新しい視点」が見つかる書評もあります。

サラリーマンが消える時代がこようとしています。

体験談:数年ぶりに友人と飲んで分かったマインドの重要性

マジでおすすめ!「資本主義ハック」 の書評~自分の価値を換金できる時代がきた!

書評レビュー】「死ぬこと以外かすり傷」の要約・まとめ・感想!読んだら頭のねじがはずれた話

 

堀江貴文著『時間革命』【著者】

1-1.【基本情報】

書名:時間革命
著者:堀江貴文
出版月:20019年9月20日
出版社:朝日新聞
定価:1,430(税込み)

1-2.【堀江貴文について】

堀江貴文(ほりえ たかふみ)
 
実業家

1972年福岡県八女市生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持ち、2014年には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタート。『ゼロ』(ダイヤモンド社)40万部超、『本音で生きる』(SBクリエイティブ)30万部超などのベストセラーがある。近著に『10年後の仕事図鑑』(落合陽一氏との共著、SBクリエイティブ)など。

Twitterアカウント:@takapon_jp

出典:東洋経済オンラインより

 

堀江貴文さん(愛称はホリエモン)は
東京大学にいながら
会社「オン・ザ・エッヂ」
(後のライブドア)を設立した起業家です。

ライブドア事件で2年と6ヵ月、
収容されながらも、

雑誌・メルマガのインタビューに対応するなど、活動をしていました。

 

・プロ野球球団の買収→拒否

・日本放送の買収→失敗

・ロケット事業をスタート

 

また、「TERIYAKI」という
グルメキュレーションサイトを作成し、

会員が本当に美味しいものを食べられたり、
お店側もドタキャンの心配がないシステムが人気を呼んでいます。

 

そんなホリエモンがよく言うセリフ

 

「行動しろ!」

「貯金なんてするな!やりたいことに全力でつぎ込め!」

「本を読んで思考を鍛えろ!」

 

 

ホリエモンはこれまでに50冊以上の本を出版してきました。

中でも「時間革命」は「時間」について書いた1冊で、
時間の重要性について、実体験をもとに書かれています。

 

ホリエモンは自分の時間を
他人に奪われるのが大嫌いです。

 

例えば、飛行機で前の人が座席を倒そうと、
「座席倒していいですか?」と聞いたらキレます。

 

 

なぜかというと、

「せっかく、集中してメルマガを書いていたのに

それが途切れるから迷惑!勝手に倒せばいいだろ?」

 

という考え方です。

 

 

これって日本人のほとんどが
何気なくやってることだし、

機内のアナウンスでも
「周りのお客様に配慮して…」
って流れるから、

僕も当たり前だと思ってました。

 

 

この本は良い意味で価値観が変わります。

 

僕たちがあたりまえだと
思っていいたことでも、
ホリエモンからすると非常識

 

さらに「日本の常識は世界の非常識」
と、ホリエモンはいいます。

 

  • 大学卒業したら就職してサラリーマンになる
  • 満員電車にゆられて通勤する
  • 週末は仲のいい仲間と飲み会に行く

 

そんな常識はホリエモンからすると、
思考停止の非常識なのです。

 

そんな、日本の常識に一石を投じる思考を学んでみませんか?

 

堀江貴文さんの画像

 

それでは、『時間革命』について見ていきます。

堀江貴文著『時間革命』【内容】

 

全6章ありまして

はじめに ぼくにとってお金より大切なもの
1 「他人の時間」を生きてはいけない
2 徹底的に「ムダ」な時間を殺せ
3 「常識や世間体」に時間を溶かすな
4 「夢中」が時間密度を濃くする
5 「健康」こそが最大の時間投資である
6 「将来を心配する」という究極のムダ
おわりに 自信とは「自分をコントロールできる」という確信

出典:時間革命

 

こんな感じです。

全240Pあるので
90分ほどでサクッと読めると思います。

 

一言でいうなら

自分の人生を生きるコツ

について書かれた本です。

堀江貴文著『時間革命』【こんな人におすすめ】

・仕事が忙しくて何もやる気がでない
・ホリエモンの思考を知りたい
・自分の時間を生きるにはどうすればいいの?

 

今日は、こんな悩みを解決する
『時間革命』という本を紹介します。

ホリエモンは「人生=時間」といいます。

 

この本では「自分の人生」を
生きるための思考を知るこができます。

 

はじめは「時間革命」と聞いて、
時短のテクニック本かと思いましたが、
まったく違いました。

 

 

人間が狩猟採取民族だったころから、
「農業革命→産業革命→IT革命」を経て、
ヒマな時間が増えているにも関わらず、

 

古い価値観に縛られている人が多い

いまは無理に働かなくてもいい時代

 

人の目を気にするよりも
自分の時間を生きよう!

と、ホリエモンはいいます。

 

 

正直、これを読んで行動できれば
多くの人がホリエモンのように
生きることができるし、

自分の人生を生きることができます。

堀江貴文著『時間革命』【要約】

  1. 「タイムイズマネー」より「タイムイズライフ」
  2. 「人生=時間」
  3. 自己投資をして時間単価を上げる
  4. 「自分の時間」を増やして「他人の時間」を減らす
  5. 「結局、時間を自分のために使えるかはあなた次第」

堀江貴文著『時間革命』【結論】

1-1.【「タイムイズマネー」より「タイムイズライフ」】

 

日本のことわざには、

「時は金なり」というものがあります。

 

しかし、ホリエモンに言わせれば

「時間とお金を同等に考えているのはバカげている。

人間にとって何より尊いのは時間」

 

 

これは確かにそうだなと思います。
お金は働けば稼げますが、
時間は2度ともどりません。

 

 

例えば、僕は25歳ですが、
2019年に会社をやめて、
今はビジネスに夢中です。

 

一方、ぼくの友人はサラリーマンとして
週末に飲み会にいく生活をしています。

 

僕がなぜこんなことをしているかというと、

 

  • 「30代で成功<20代で成功」
  • 「会社で働く<個人でビジネス」

 

この2つを意識しているからです。

 

ホリエモンがいうように
「時間=人生」であり、さらにそこには、
若さのレバレッジが掛かります。

 

レバレッジとはテコの原理で
小さい力で大きなものを動かすことです。

 

つまり、

会社につとめて30代で成功するよりも
個人で20代に成功したほうが、
価値が高いのです。

 

しかも、今はTwitterで影響力をつけられるし、
有料noteで商品を販売したり、
マネタイズするハードルが下がってます。

 

実際、僕のnoteも書いてから1週間以内に売れています。
(↓今なら100円で買えるので良かったらどうぞ)

「2019年に僕がクレジットカードで年間約25,000円を得した方法【限定10冊売れたら値上げ「2020/1/9:100➨480円」】」【おまけ企画付き】【随時更新】

格安SIMより安い?~コスパ厨が考えた最強の組み合わせでネット料金を下げる裏技~【スマホ料金50%カット】【限定10冊売れたら値上げ「2020/1/9:100➨480円」】【おまけ企画つき】【随時更新】

※noteの購入ページにとびます。

 

つまり、20代なら個人でビジネスをすることが
めちゃくちゃ有利な時間の使い方なんです。

 

逆に、典型的な悪い例が
アルバイトです。

 

言ってしまえば貴重な人生を切り売りして
換金する行為でなので、

雇っている人にどんどん搾取されてしまします。

 

お金を稼ぐ手段として割り切って、
短期的に働くならアリだと思いますが、

 

「時給50円あがらないかなー」とか、

考えて2~3年も続けるのは本当にムダなので
マジでやめたほうが良いと思います。

僕はそれに気づかず、
大切な学生時代を使ってしまったので、

もし、僕が過去に戻れるなら
すべての時間を使って
コンテンツビジネスをやりますね。

 

人の教材を買ったり、1日に数冊の本を読んだものを
ブログやnoteにアウトプットして販売したり、
Twitterでツイートして影響力をつけていきます。

 

情報系は一度作れば、
「一生使える資産」になるので、
かなり有利な人生を送ることができます。

 

 

とにかく、時間の使い方で人生が決まるので、
もし、あなたが20代ならアルバイトより、
自己投資をして時間単価を上げていくことが重要です。

 

1-2.【他人の時間を生きてはいけない】

繰り返しになりますが、

「人生=時間」です。

 

そして、時間は2種類しかありません

 

それが「自分の時間」と「他人の時間」です。

 

 

自分の時間とは、

  • 好きな仕事
  • 趣味
  • 気の合う仲間との飲み会

 

 

他人の時間とは

  • やらされてる仕事
  • 通勤
  • 行きたくない飲み会

 

などです。

 

 

僕たちは限りある時間を
楽しむためにも


「自分の時間」を増やして
「他人の時間」を減らすこと

これが重要です。

 

 

「他人の時間を生きる」のは
牢獄いるのと似ていて、
会社に勤めるのは正にコレです。

 

しかし、多くの人は牢獄からでようとしません。


実際はカギなんて掛かっていないのに

 

「仕事がつらい」

「給料があがらない」

 

と、嘆いています。

 

これに対してホリエモンは

「結局、時間を自分のために使えるかはあなた次第」


といいます。

 

実際、ホリエモンは2年間も牢獄の中に居ました。

 

しかし、そのあいだに1000冊の読書をして、
牢獄のリアルタイムメルマガでお金を稼ぎ、
多くの人の悩みに牢獄の中から回答していました。

 

つまり、行動できなのは環境の問題ではなく
その人が本気で行動しているかどうかなのです。

 

さらにホリエモンはこのように言います。

 

「他人の期待を満たすために生きている人がなぜ多いのか?

それは人から嫌われるのを恐れているからだ」

 

 

ぼくもこれまで行動してきた方ですが、
だいたい20%ぐらいの人には反対されます。

 

だから、どんなに良いことをしても
100%の人に好かれるのは
100%無理ということを
理解したうえで進んでいきます。

 

その結果、自分の時間がふえて
人生の質があがっていきます。

 

 

1-3.【徹底的にムダを殺せ】

 

人生最大のムダは「悩む」ことです。

 

「悩む」とは「ほんとうはこうしたい」
という答えがあるのに、

プライドが邪魔して行動できないことです。

 

 

「失敗したら恥ずかしい」

「会社をやめるのは勇気がいる」

「家族や友人に何か言われそう」

 

悩んでいる人の99%は「こうしたい!」の周りに
世間体がまとわりついて行動できないのです。

 

 

だから、これをズバッとそぎ落として
シンプルに行動すれば最短で
成功することができます。

 

もちろん、失敗もしますが
経験値はドンドン増えるので
さくさくレベルアップすることができます。

 

 

周りの意見も気になりますが、
あれもこれを追い求めていては手に入らないと
ホリエモンは言います。

 

彼からすると、
あえてバランスを崩すことも
大事な成功マインドなのです。

 

もちろんそれでも、
行動できない人はいます。

 

そんな人は、「ゼロイチ思考」
になっているかもしれません

1-4.【ゼロイチ思考よりグラデーション思考】

 

くだらない悩みや
物事の優先順位をつけられない人は

ゼロイチ思考になっていると
ホリエモンは言います。

 

ゼロイチ思考とは、
0か1かの極論で考えること。

 

例えば「だらだら会社員をするのはバカ」と言ったときに、

「でも、起業して成功するかはわからない」という人です。

 

だれも起業しろなんて言ってないのに、
ゼロイチ思考(ほかの選択肢が頭にない人)は、
その時点で結論をだしてしまう。

 

 

しかし、世の中はすべてグラデーションでできています。

 

  • 生活保護
  • フリーランサー
  • 会社員+副業
  • 起業家

…etc.

 

など、様々な選択肢があります。

 

それにその道に決めたからと言って、
続けないといけないわけでもないし、
ダメならどんどん変えればいい。

 

だからこそ、常に情報収集をして
自分の頭で考えることが重要です。

 

1-5.【作業を受け入れるから動けなくなる】

 

現代の人は農業革命時代の
価値観で生きている人が多いと、
ホリエモンは言います。

 

狩猟採取民族だった僕たちが
家をもつようになり、

ライフスタイルが変化したのは
農業革命のお陰です。

 

これにより安定した食糧が手に入り、
人口が爆発的にふえました。

しかし、同時に穀物の奴隷になったのです。

 

毎年、来年のために畑を耕し
「自分の時間」を犠牲にして
働くようになったのです。

 

さらにイギリスの産業革命で
蒸気機関車が生まれ、

電気を手に入れて
夜も労働できるようになりました。

 

そのころから徐々にヒマな時間が増えたのです。
その証拠にイギリスからサッカー、テニス、ゴルフといった
スポーツが生まれています。

 

 

そしして、現代はオートメーションが進み、
さらにヒマな時間が増えています。

 

にもかかわらず労働時間が
増えているのはなぜか?

 

それは、農業革命時代の
貯蓄の文化がこびりついているからです。

 

将来が不安という幻想に怯えて、
一生働き続ける悪循環がまわっているのです。

 

しかし、今はマクドナルドに行けば
100円で美味しいハンバーガーが食べられるし、
牛丼だって格安です。

 

信用さえあれば周りから
ご飯をおごってもらったりできます。

 

ネットなら0円からマネタイズできるし、
借りに事業を起こして失敗しても自己破産できるし、

 

最悪でも生活保護という
セーフティーネットまである。

 

これほどまでに優遇されてる国は珍しいし、
この時代に生きているだけで物凄いチャンスです。

 

ちょんまげやお歯黒の文化が変化したように、
今、サラリーマンとして働く分かも変化していきます。

 

ぜひ、このビックウェーブにのって
行動してみてはいかがでしょうか?

 

1-6.【読者のレビュー感想】

 

堀江貴文著『時間革命』【書評まとめ】

 

この本を読めば、時間に対する概念が変わります。

 

「行きたくない飲み会に付き合ってしまう」
「やめたいけど、やめられない」

こんな方におすすめできる本です。

 

あたりまえだと思っていたことでも、
ホリエモンや世界から見ると
非常識だったりします。

 

農業革命時代の価値観を
アップデートしてくれる本だと思いますので、

ぜひ読んでみて下さい!

それではまた!

僕の逆転ストーリーを読めます。

 

 

僕は入社2年で会社をやめて
25歳で独立しました。

 

 

頭が良いわけでも
環境が良かったわけでもありません。

 

 

大学はFランだし

 

学生時代のバイト店長には

「君にはガッカリしたよ、資格取得も無理じゃないかな?」

と言われたことがあります。

 

 

仕事では電話の受け取りすら、
辞めさせられた経験があります。

(数千万の案件をとばしました…)

 

 

他にもたくさん失敗があります。

 

 

➨大学時代に会計士試験に3度の挫折

➨大学時代に失恋で死にかける 

➨就職するも新卒1年目にストレスで倒れる

 

そんな僕でも人生のゴールを決めて行動したら、少ずつ人生が変わっていきました。

 

そこからビジネスを学ぶ過程で、

・人生のゴールの決め方
・趣味やコンプレックスを価値に変える方法
・それらをコンテンツにして販売する方法

など

 

会社員では学べないことを
知ることができました。

 

 

その経験から
過去は変えられなくても

 

勉強して、正しく行動すれば
誰でも資産を手に入れて

自分が本当に生きたい人生を送れる
と確信しています。

 

 

そして、そんな人が増えれば

互いを批判したり、いがみ合ったりする

世の中はなくなると思っています。

 

 

そういった理念をもとに

ここからスタートすれば必ず上手くいく

ゴール(人生)の決め方を
1つの書籍にしました。

 

 

過去の僕がどう変わったのか?

 

なぜ人生逆転できたのか?

 

 

3分ほどでサックリ読めるので、

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

→無料note「すべては”価値観”で決まる」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、1分で受け取れます。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけると
すごく嬉しいです。

(すぐ下のボタンからシェアできます)

ABOUT ME
TK
新卒2年で独立、現在25歳。 ➨大学時代に会計士試験に3度の挫折 ➨同時期にに失恋で死にかける   ➨就職するも新卒一年目にストレスで倒れる そんな原体験から自分の生き方を模索、 パソコン1台で稼げるコンテンツビジネスを知る。 その経緯を無料コンテンツにまとめたので、もし興味があれば読んでみてください →経緯&TKのメルマガを読む ゴールを決めて動けばたどり着ける 大切なのは「やるか、やらないか」 人生のあり方を本気で見つめ直した僕がみつけた 「好きな時に、好きな人と、好きなことを、好きなだけやる生活」
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です